経営者支援・経営支援

多くの経営者は自分のことと、自分の会社のことがよく分からない状況にあると言われています。
弊社では様々な他社実績と経営心理学、財務・会計の知識を基に、経営者自身が抱える各種課題解決の支援を、「感情の流れと論理の改善」という観点から行います。

経営者が抱える主な課題・悩み

改善アプローチ

①経営者としての人生の課題・悩み

  • <過去の相談事例>


    ・会社はどんどん大きくなっていくが、社長としてやっていく自信がない。
    ・自らの価値観と向き合い、社長としてどのような人生を歩みたいのかを明確にしたい。
    ・父親の後継者として社長になる予定だが、社長の仕事が分からないので不安だ。

  • <アプローチ>


    経営者心理に基づく価値観の導出、自分との向き合い方の確立、経営者としての信念・魂の形成、行動目標・精神目標の設定、経営の全体像の説明等

②人材育成・人間関係の課題・悩み

  • <過去の相談事例>

    ・離職率が高いのだが、どうすれば離職を食い止められるかが分からない。
    ・スタッフに対してどのように教育をしていいかが分からない。
    ・人事評価の基準をどのように定めればいいかが分からない。

  • <アプローチ>

    従業員心理に基づくコミュニケーション改善、人材育成法の開発、自分との向き合い方・従業員との向き合い方の改善等

③今後の経営戦略の課題・悩み

  • <過去の相談事例>

    ・経営の全体像と経営戦略が分からないので、このまま経営していていいのか不安だ。
    ・従業員数が増え組織が拡大してきたので、組織のまとめ方、運営の仕方が分からない。
    ・新規事業の立ち上げの際の事業計画の作成がうまくいかない。

  • <アプローチ>

    組織心理に基づく組織体制創りの支援、経営理念の明確化・浸透化支援、事業計画作成支援等

④売上の課題・悩み

  • <過去の相談事例>

    ・毎月の売上目標を達成したいができていない。売上を伸ばす方法を教えて欲しい。
    ・自社や商品の良さを素人のお客様にも分かるようにするための表現の仕方が分からない。
    ・お客様のリピート率を上げたいのだが、なかなか上がらない。

  • <アプローチ>

    顧客心理、販売心理に基づく販売戦略立案、営業戦略立案、商品企画の支援等

⑤財務の課題・悩み

  • <過去の相談事例>

    ・売上は上がっているのにお金がどんどん減っていく。なぜ減っていくのかが分からない。
    ・銀行とうまく付き合っていくためには、どのような対応をしていけばよいか。
    ・収入と支出の状況が把握できていないため、会社のお金の流れがつかめていない。

  • <アプローチ>

    財務状況の把握と解説、コスト削減、金融機関との交渉支援、事業計画作成支援等

業務の進め方

業務の進め方

現状の経営者個人の状況、会社の状況についてお話をうかがい、課題・悩みの状況を確認します。

①で把握した課題・悩みの状況を基に、優先的に取り組む課題を
設定します。

②で設定した課題について、何が原因でそのような問題が生じているのかの原因分析を行います。

心理学、財務・会計のアプローチと他社の課題解決事例を基に、解決策の立案を行います。

次回打ち合わせまでに課題解決策をどのように実行するかを決め、現場で解決策を実行します。

課題解決策の実行状況を確認し、会社全体に対してどのような効果を与えているかを確認します。

課題が解決されると、次に取り組む課題を設定します。(以降、同様のプロセスを行う)

支援の頻度

原則、月1回のペースでの支援を行い、1ヶ月間の課題解決策の実行期間を設けた後、 次の支援のタイミングで実行状況を確認するという流れで進めます。ただ、お客様の予算や課題の状況によっては、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回といったペースでの支援も可能です。 定期健康診断のような意味合いで支援を受けていらっしゃるお客様もいらっしゃいます。