経営心理研修とは

1.研修の背景

人間は感情の生き物

人間は感情の生き物と言われ、感情で動くという特性を持つ。ビジネスはお客様、従業員という人間を相手にする以上、感情の理解を深めることは極めて重要。

心理学、脳科学の発達

ビジネスの現場で使えるレベルまで心理学、脳科学が発達し、アメリカの企業をはじめ、ビジネスでの活用事例が増えてきており、日本の企業も導入し始めている。

心理学、脳科学への興味・関心の高さ

近年の心理学、脳科学に対する世間の興味・関心の高さから、ビジネスに活用できる形で積極的に学びたいというニーズが高くなった。

激化する市場競争

年々市場競争が激化する中、マーケティング・営業において他社と差別化したより効果の高いアプローチを導入することの重要性が高まった。

2.研修目的

感情と心理について研修で体系的に理解し、ディスカッションを通じて具体的なイメージを掴む。

研修で学んだ内容を現場で実践して体感し、研修を複数回実施する場合は気付いたことを次回の研修でプレゼンテーションする。一回学んでおしまいにするのではなく、肚に落ちた知恵とし、継続して活用できるようになる。

受講者が自らの成功パターンを確立すると共に、部下や他の社員に論理的に指導できるようになる。

社内で継続して実践し、気付きを共有するための仕組みを創る。

3.研修の進め方